河 川 情 報

             

 

アユの釣果をお知らせしています。 

 平成30年 7月 19日(木) 晴れ

天竜川本流の水位は平水よりもやや高く、泥濁りの状況です。昨日までに佐久間・秋葉・船明の各ダムゲートからの放流は停止しています。

支流は減水気味で濁りはありません。

今日も遊漁者が見られたのは支流のみでした。アユのエサ釣りでは、8cm〜15cm程のものが西川下流部で0尾〜30尾程、横山川の下流域で0尾〜50尾程でした。

 友釣りは二俣川に遊漁者がいましたが、13cm〜18cmのものが数尾釣れている程度でした。

 平成30年 7月 18日(水) 晴れ

天竜川は昨日の午後3時に秋葉ダムからのゲート放水、本日の午後3時に船明ダムからのゲート放水が停止しました。午後4時の時点での鹿島橋での水位は平水時に比べ60cm程水位が高い状態です。水位は平水に近づいてきましたが、水の色は濃い濁りが続いており、回復には時間がかかりそうです。支流はやや減水で濁りはありません。

今日の釣果です。エサ釣りは、11cm〜17cm程のものが横山川の下流域で5尾〜60尾程、西川で0尾〜30尾程、河内川で0尾〜50尾程でした。

 友釣りは西川で13cm〜17cmのものが10尾程釣れていました。

 平成30年 7月 17日(火) くもり

本日15時に秋葉ダムゲート放水が停止しましたが、船明ダムゲートは放水継続しています。午後4時の時点で、鹿島地点で90cm程水位は高い状態です。水の色は濃い濁りが続いており、回復には時間がかかりそうです。支流はやや減水で濁りはありません。

エサ釣りは、10〜18cm程のものが支流の西川で15〜70尾、横山川の最下流域で5〜90尾、いせぎで10〜60尾でした。

 平成30年 7月 16日(月) 晴れ

天竜川は秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が行なわれています。午後4時の時点で、鹿島地点で1.1m程水位は高い状態です。水の色は濃い濁りが続いており、回復には時間がかかりそうです。支流はやや減水で濁りはありません。

エサ釣りは、10cm〜16cm程のものが支流の西川で15尾〜70尾、横山川の最下流域で0尾〜80尾、いせぎで10尾〜100尾でした。

友釣りは支流でのみ遊漁が可能ですが、本日は遊漁者が見られませんでした。
 

 平成30年 7月 14日(土) 晴れ

天竜川は秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が継続して行なわれています。午後4時の時点で、鹿島地点で1.2m程水位は高い状態です。水の色は濃い濁りが続いており回復にはしばらく時間を要するものと思われます。支流はやや減水で濁りはありません。

今日の釣果です。エサ釣りは、支流の西川と横山川に多くの遊漁者が見られ10cm〜16cmのものが10尾〜100尾程でした。
 

 平成30年 7月 13日(金) 晴れ

天竜川は秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が継続して行なわれています。午後4時の時点で、鹿島地点で1.2m程水位は高い状態です。水の色は濃い濁りが続いており回復にはしばらく時間を要するものと思われます。支流はやや減水で濁りはありません。

エサ釣りは、支流の西川および横山川の下流域で10cm〜16cmのものが10尾〜100尾程でした。

 平成30年 7月 12日(木) 曇り時々雨

天竜川は秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が継続して行なわれています。午後4時の時点で、鹿島地点で1.2m程水位は高く、ゆっくりではありますが平水に近づいています。佐久間ダムのゲート放水は昨日の夕方に停止しました。水の色は濃い濁りが続いており回復にはしばらく時間を要するものと思われます。支流はほぼ平水で濁りはありません。

今日の釣果です。エサ釣りは、支流の西川および横山川の下流域で8cm〜16cmのものが15尾〜100尾程でした。二俣川は10尾〜2、30尾釣れていました。

 平成30年 7月 11日(水) 晴れ

天竜川は佐久間・秋葉・船明ダムのゲート放水が継続して行なわれています。午後4時現在、鹿島地点で1.6m程水位は高く、水の色は濃く濁っています。支流はほぼ平水で濁りはありません。

今日の釣果です。エサ釣りは、支流の西川および横山川の下流域で昨日に引き続き釣れています。8〜15cmのものが15〜100尾程でした。二俣川は、只来付近で10〜50尾程でした。

 平成30年 7月 10日(火) 晴れ

天竜川は佐久間ダム・秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が継続して行なわれています。午後4時現在、鹿島地点で1.9m程水位は高く、濁りも濃い状態です。支流はほぼ平水で濁りはありません。

今日の釣果です。エサ釣りで、西川・横山川には多くの遊漁者が竿を出していました。釣果は8cm〜16cmのものが西川および横山川の下流域で15尾〜100尾程、二俣川では只来付近で10尾〜50尾程でした。  

 平成30年 7月 9日(月) 晴れ

天竜川は依然として佐久間ダム・秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が行なわれています。午後4時現在、鹿島地点で2.4m程水位は高く、濁りも濃い状態です。支流はほぼ平水で濁りはありません。

今日の釣果です。支流の下流域では連日エサ釣りでアユが釣れおり、西川・横山川には多くの遊漁者が竿を出していました。釣果は8cm〜15cmのものが西川および横山川の下流域で20尾〜100尾程でした。

 平成30年 7月 8日(日) 曇りのち晴れ

天竜川は依然として佐久間ダム・秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が行なわれています。午後4時現在、鹿島地点で3.0m程水位は高く、濁りもまだまだ濃い状態です。支流も平水時に比べ増水していますが、西川・横山川は濁りがありません。下流域では昨日に引き続きエサ釣りでアユが釣れおり、横山川には多くの遊漁者が竿を出しました。

釣果は、10cm〜15cmのものが西川および横山川の下流域で30尾〜100尾程でした。二俣川はまだうっすらと濁りが残っており、上流域の横川や只来付近で10cm〜13cmのものが5尾〜20尾程でした。
  

 平成30年 7月 7日(土) 曇り時々雨

天竜川は雨の影響により佐久間ダム・秋葉ダム・船明ダムのゲートから引き続き放水が行なわれています。本流は濁っており、午後4時現在鹿島地点で約3.7m水位が高くなっています。支流も増水していますが西川や横山川は水の色が回復し、下流域ではエサ釣りでアユが釣れています。

9cm〜15cmのものが西川下流域で30尾〜50尾程、横山川下流域では20尾〜100尾程でした。
 

 平成30年 7月 6日(金) 雨

天竜川本流は降雨の影響により、佐久間ダム・秋葉ダム・船明ダムのゲートから放水が行なわれ増水しています。午後4時現在、鹿島地点で平水時よりも5m以上水位が高くなっており、泥濁りの状況です。支流も増水し濁っています。

そのため今日は遊漁者はみられませんでした。

今後も雨が続く模様です。危険な場所には立ち入らないよう、十分ご注意ください。

 平成30年 7月5日(木) 雨

天竜川本流は、佐久間・秋葉・船明ダムからゲート放水が行なわれています。午後3時の時点で鹿島橋の水位観測所で平水より2.2m程高く、泥濁りです。支流は増水でうす濁りです。

午前中のアユの釣果です。本流は全域において遊漁が難しい状態です。支流は、午前中は増水していましたが河口付近でエサ釣りが可能でした。釣果は、10〜12cmのものが10〜50尾ほどです。

今後も雨が続く予報ですので、河川の増水には十分注意してください。

 平成30年 7月3日(火) 晴れ

天竜川本流は午後4時の時点で鹿島橋の水位観測所で60cm程高く、笹濁りです。支流はやや増水で濁りはありません。本日は秋葉ダムの第二発電口からの発電放水が行われたため、鮎釣や雲名での遊漁が難しくなりました。

午前中のアユの釣果です。エサ釣りは釣果がだいぶ落ち着いてきました。本流では10cm〜16cmのものが秋葉ダム下で15尾〜80尾程、塩見渡橋付近で5尾〜30尾程、浜北鉄塔付近で0尾〜20尾でした。

友釣りは、13cm〜17cm程のものが秋葉ダム下・中島で4尾〜8尾でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園前で12cm〜15cmのものが25尾でした。

本日、雲名に99kg、鮎釣に121kgの鮎の成魚放流を行ないました。

 平成30年 7月2日(月) 晴れ

天竜川本流は午後4時の時点で鹿島橋の水位観測所で60cm程高く、笹濁りです。支流はやや増水で濁りはありません。また、本日13時より秋葉ダムの第二発電口からの発電放水が行われたため、鮎釣や雲名での遊漁が難しくなりました。

アユの釣果です。エサ釣りは8cm〜14cmのものが横山川・西川の下流域で5尾〜10尾程でした。全体的にコケを食んでいるものが多くエサへの反応がいまひとつのようです。本流では秋葉ダム下で30尾〜80尾程、塩見渡橋付近で5尾〜40尾程でした。

友釣りは、15cm〜18cm程のものが秋葉ダム下・中島で1尾〜5尾、雲名では午前中の釣果で2尾〜12尾と、良い釣果が聞かれるようになってきました。

 平成30年 7月1日(日) 晴れ

天竜川本流は鹿島橋の水位観測所で60cm程増水し、笹濁りです。支流はやや増水で濁りはありません。

各支流のエサ釣り・ドブ釣りの解禁日でした。エサ釣りは8〜13cmのものが横山川・西川の下流域で0〜20尾程、二俣川では0〜10尾程でした。全体的にコケを食んでいるものが多いようです。本流では秋葉ダム下で5〜70尾程、塩見渡橋付近や浜北大橋付近で5〜60尾程、でした。

友釣りは、雲名に遊漁者が見られ、14〜20cmのものが5〜20尾と良い釣果が見られるようになってきました。

 平成30年 6月30日(土) 曇りのち晴れ

天竜川本流は午後4時の時点で鹿島橋の水位観測所で60cm程増水し、ささにごりです。支流はやや増水で濁りはありません。

エサ釣りは8〜16cmのものが秋葉ダム直下で30〜70尾程、塩見渡橋上流で0〜70尾程、浜北送電線下流で5〜80尾程でした。国道一号線下や新幹線上流でも0〜50尾程の釣果がありました。

ドブ釣りは竜山グラウンド前やしっぽ公園前で10〜20尾位でした。

友釣りは、秋葉ダム下中島や雲名に遊漁者が見られ、2〜5尾の釣果の確認ができました。

 平成30年 6月29日(金) 曇り時々雨

天竜川本流は午後4時の時点で鹿島橋の水位観測所で70cm程増水しています。また、秋葉ダムの第2発電口からの発電放水が行われているため、鮎釣や雲名などでの遊漁は難しい状況です。支流はやや増水で濁りはありません。

本日のアユの釣果です。エサ釣りは8cm〜14cmのものが秋葉ダム直下で20尾〜80尾程、塩見渡橋上流で2尾〜90尾程、浜北送電線下流で0尾〜80尾程でした。

 平成30年 6月28日(木) 雨のち曇り

天竜川は本流・支流とも平水で濁りはありません。

本日のアユの釣果です。エサ釣りは10cm〜15cmのものが秋葉ダム直下で20尾〜100尾程、塩見渡橋付近で5尾〜90尾程、浜北送電線下流で5尾〜100尾程、支流の横山川の最下流部で40尾でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園前で10尾〜20尾程釣れていました。

友釣りは雲名に遊漁者が見られましたが釣果は低調でした。

 平成30年 6月27日(水) 雨のち曇り

天竜川は本流・支流とも平水で濁りはありません。

本日のアユの釣果です。エサ釣りは8cm〜15cmのものが秋葉ダム直下で30尾〜100尾程、塩見渡橋付近で10尾〜70尾程、浜北送電線下流で5尾〜80尾程でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園前で10尾〜20尾程でした。

友釣りは雲名と中島に少数の遊漁者が見られました。少しは掛かっているようですが目立った釣果は見られませんでした。

 平成30年 6月26日(火) 曇り

天竜川は本流・支流とも、ほぼ平水で濁りはほとんどありません。

アユのエサ釣りは8cm〜12cmのものが秋葉ダム直下で0尾〜60尾程、塩見渡橋上流や浜北送電線下流で10尾〜100尾程、船明ダム下・榑山や塩見渡橋下流で5尾〜70尾程、浜北送電線直下で5尾〜50尾程でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園前で5尾〜30尾程でした。

友釣りは雲名に少数の遊漁者が見られました。少しは掛かるものの低調でした。

 なお、本日の午前中に秋葉ダム下流の鮎釣,雲名に合計295s・約15,000尾のアユの放流を致しました。
 

 平成30年 6月25日(月) 晴れ

天竜川はほぼ平水で薄濁りです。支流は平水で濁りはありません。全域において遊漁可能です。

本日のアユの釣果です。エサ釣りは良い釣果が見られました。8cm〜13cmのものが秋葉ダム直下や塩見渡橋上流、浜北鉄塔付近で5尾〜100尾程、塩見渡橋付近で5尾〜60尾程、支流・西川の最下流部で20尾程でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園前で10尾〜30尾程でした。

友釣りは遊漁者が確認出来ませんでした。 

 平成30年 6月24日(日) 雨後晴れ

天竜川は、秋葉ダムゲートおよび船明ダムゲートからの放流は昨日中に停止しており、ほぼ平水となっています。濁りも薄濁りの状況で、遊漁にほぼ影響はありません。秋葉ダム第二発電放水も停止し、上流域も平水です。

エサ釣りは8cm〜13cmのものが秋葉ダム直下や塩見渡橋上流、浜北鉄塔付近で10尾〜100尾程、塩見渡橋下流で5尾〜80尾程、鹿島橋下流や飛竜大橋下流、支流・横山川の最下流部などで5尾〜30尾程でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園前で3尾〜40尾程でした。

友釣りは秋葉ダム下・中島や雲名に遊漁者が見られました。14・5cmのものが中島で15尾程釣れていたものの、雲名は釣果が見られませんでした。
 

 平成30年 6月23日(土) 雨

天竜川は増水、薄濁りの状態で船明ダムからは発電放水に加えゲート放水が行われています。水位は鹿島橋の観測所では平水時に比べ90cm程高い状態です。本日午前9時に秋葉ダムからのゲート放水は停止しましたが、第二発電口からの発電放水が行われていますので鮎釣や雲名では遊漁が難しい状況です。

本日のアユの釣果です。エサ釣りは8cm〜15cmのものが秋葉ダム下で10尾〜30尾程、船明ダム下流では塩見渡橋付近で5尾〜50尾程、鹿島橋下で10尾〜30尾程、浜北鉄塔付近では好調だったようで30尾〜100尾、でした。

友釣りは遊漁者が見られませんでした。  
 

 平成30年 6月22日(金) 晴れ

天竜川は増水、薄濁りの状態で秋葉ダムと船明ダムから発電放水に加えゲート放水が行われています。水位は鹿島橋の水位観測所で1m程高い状態です。昨日に比べ状況が良くなってきました。

エサ釣りは塩見渡橋付近で5尾〜60尾程、浜北鉄塔付近で2尾〜80尾程、横山川や西川の最下流部では5尾〜15尾程でした。

友釣りは遊漁者が見られませんでした。

 平成30年 6月21日(木) 曇り

天竜川は、昨日の雨の影響で秋葉ダムと船明ダムから発電放水に加えゲート放水が行われています。そのため、本流は増水し、茶色い濁りの状態です。ただ、増水も濁りもそれ程ひどい状況ではありませんので、早い回復が見込まれます。各支流は一時的に濁りましたが、本日の夕方の時点では濁りはなくやや増水の状態ですので遊漁は可能です。

本日のアユの釣果です。エサ釣りは支流の最下流部に遊漁者が見られました。8cm〜14cmのものが、横山川河口付近で30尾〜80尾程、西川の河口付近で5尾〜15尾程でした。友釣りの遊漁者は見られませんでした。

 平成30年 6月20日(水) 雨

天竜川は、昨夜からの雨の影響が出ています。本流は、本日16時から船明ダムゲート放水が開始されました。支流は、増水し、濁りが出ています。

本日の午前中の釣果です。エサ釣りは8〜15cmのものが、塩見渡橋上や鹿島橋下で40〜60尾、浜北鉄塔付近で40〜70尾程、豊岡親水公園前で0〜20尾程でした。

 平成30年 6月19日(火)

天竜川昨日の雨の影響はほとんどなく本流、支流ともにやや減水気味で濁りはありません。

本日の午前中の釣果です。エサ釣りは8cm〜14cmのものが秋葉ダム下・中島付近で15尾〜50尾程、鹿島橋下流で5尾〜30尾程、浜北鉄塔付近で10尾〜50尾程、浜北しっぽ公園前で30尾程、豊岡親水公園前で10尾〜30尾程でした。塩見渡橋付近では本日は良い釣果が見られませんでした。

ドブ釣りは10cm〜14cmのものが豊岡親水公園前で20尾〜60尾程、浜北しっぽ公園前で20尾程でした。

友釣りは雲名橋付近に遊漁者が見られましたが良い釣果は見られませんでした。

 なお、本日の午前中に鮎釣と雲名に成魚アユの放流を実施しました。

 平成30年 6月18日(月)

天竜川は本流、支流ともにやや減水気味で濁りはありません。

本日のアユ釣りの午前中の釣果です。エサ釣りは8cm〜14cmのものが秋葉ダム下・中島付近で15尾〜40尾程、船明ダム下の塩見渡橋付近で10尾〜30尾程、鹿島橋下流で15尾〜70尾程、浜北鉄塔付近で20尾〜60尾程でした。

ドブ釣りは10cm〜12cmのものが豊岡親水公園前で15尾程でした。

友釣りは本日、遊漁者が見られませんでした。

 平成30年 6月17日(日)

天竜川は本流、支流ともにやや減水気味で濁りはありません。

本日のアユ釣りの釣果です。エサ釣りは8cm〜12cmのものが秋葉ダム下・中島付近で10尾〜20尾程、船明ダム下の塩見渡橋付近で10尾〜80尾程、飛竜大橋下流で5尾〜70尾程、豊岡親水公園前で20〜60尾程、浜北鉄塔付近で10尾〜50尾程でした。

ドブ釣りは8cm〜15cmのものが北鹿島で20尾程、豊岡親水公園前で0尾〜35尾程でした。

友釣りは、船明ダム上流域の雲名などで竿を出される方が見られましたが、釣果は低調でした。

 平成30年 6月16日(土) くもり

天竜川は本流支流ともにやや減水で濁りはありません。
 エサ釣りは8〜15cmのものが秋葉ダム下・中島付近で0〜30尾程、船明ダム下では、8〜14cmのものが塩見渡橋付近で1〜70尾程、飛竜大橋下流で10〜30尾程、浜北鉄塔付近で0〜50尾程でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園で11〜13cmのものが0〜20尾程でした。

友釣りは、横山川や雲名橋付近、飛竜大橋上に遊漁者が見られました。

 平成30年 6月15日(水)

天竜川は本流、支流ともにやや減水で濁りはありません。

本日のアユ釣りの釣果です。エサ釣りは8cm〜14cmのものが秋葉ダム下・中島付近で5尾〜70尾程、船明ダム下では塩見渡橋付近で5尾〜70尾程、鹿島橋付近で15尾〜30尾程でした。

ドブ釣りは豊岡親水公園で10cm〜15cmのものが15尾〜25尾程でした。

友釣りは遊漁者が見られませんでした。

 平成30年 6月12日(火)

天竜川は本流、支流ともにやや減水で濁りはありません。

本日のアユ釣りの釣果です。エサ釣りは日差しが強かったためかアユの食いつきがあまり良くなかったようです。8cm〜13cmのものが塩見渡橋上流で5尾〜60尾程、鹿島橋下流で2尾〜30尾程、浜北鉄塔前で10尾〜60尾程でした。

友釣りは雲名橋下で15・6cmのものが2尾〜10尾程釣れていました。

ドブ釣りは豊岡親水公園で8cm〜14cmのものが3尾〜45尾程の釣果が見られました。

本日、雲名橋下に200kg、鮎釣へ100kgのアユの放流を行ないました。

 

 平成30年 6月11日(月)

天竜川は台風の影響が懸念されましたが、ほとんど影響がなく本流はやや増水の状態で濁りはありません。支流は平水で濁りはありません。全域にて遊漁は可能です。

本日のアユ釣りの釣果です。エサ釣りは釣果が少し伸びてきたようです。8cm〜13cmのものが塩見渡橋上流で5尾〜60尾程、下流で20尾〜100尾、鹿島橋下流で2尾〜100尾でした。

友釣りは本日は遊漁者が確認できませんでした。
 

 平成30年 6月10日(日)

天竜川本流はやや増水で濁りはありません。支流はほぼ平水で濁りはありません。全域にて遊漁は可能です。

本日のアユ釣りの釣果です。エサ釣りでは塩見渡橋上流で5尾〜70尾程、鹿島橋下流で5尾〜60尾程、飛竜大橋下流で5尾〜30尾程、浜北鉄塔付近で10尾〜60尾程でした。

友釣りは雲名に遊漁者が見られましたが、目立った釣果は見られませんでした。雨の予報が出ていますので、河川の急な増水等には十分ご注意ください。
 

 平成30年 6月 9日(土)

河川の状況は、天竜川本流・支流共にほぼ平水で濁りはありません。全域にて遊漁は可能です。

本日午前中のアユ釣りの釣果です。エサ釣りでは船明ダム下・榑山で5尾〜20尾程、塩見渡橋上流で5尾〜60尾程、鹿島橋下流で5尾〜60尾程、飛竜大橋下流で10尾〜40尾程、浜北しっぽ公園東側や浜北鉄塔付近で2尾〜10尾程でした。早朝にはまずまずの釣果が見られるものの、陽が出てくると食いが渋くなってしまうようでした。

友釣りは今日も雲名に遊漁者が見られました。まだ低調な感じではありますが、小ぶりなものが2ケタ釣れている方もいたようです。少しずつ釣果が上向いてきた感じがします。今後に期待です。
 

 平成30年 6月 8日(金)

天竜川本流はほぼ平水で笹濁りの状態です。支流は平水で濁りはありません。全域にて遊漁は可能です。

エサ釣りは船明ダム下・塩見渡橋付近で5尾〜30尾程、鹿島橋下流で10尾〜60尾程でした。朝の早い時間には、もっと良い釣果が見られた方もいたようですが、日中は食いが渋いようでした。その他にも遊漁者は見られましたが、釣果は低調でした。

友釣りは雲名橋下流に遊漁者が見られました。まだ14・5cmと小ぶりなものですが、5尾〜10尾程釣れていました。まだまだ本調子ではありませんが、今後に期待が持てるのではないかと思います。
 

 平成30年 6月 7日(木)

天竜川本流はやや増水で笹濁りの状態です。昨日出水をしていた秋葉ダム第2発電口からの発電放水と船明ダムからのゲート放水は本日停止しました。支流はやや増水気味ですが濁りはありません。全域にて遊漁は可能です。

今日の釣果です。エサ釣りは全域に亘り遊漁者もまばらでした。エサ釣りは船明ダム下・塩見渡橋付近で5尾〜60尾程、鹿島橋下流で10尾〜60尾程でした。支流では西川の最下流域で5尾〜15尾程でした。早朝によく釣れているようで、日中は全域に渡り釣れ行きが悪くなる様です。解禁初日に比べると少しは釣況が上向いてきている感じもします。また梅雨入りしましたので、河川の増水にはくれぐれもご注意ください。
 

 平成30年 6月 6日(水)

昨晩からの降雨の影響があり、朝から天竜川本流の水量は多い状況となっています。秋葉ダムの第二発電放水口からも放流が行なわれています。また、午前11時からは船明ダムゲート放水も行なわれ、釣りのし難い状況となりました。支流もやや増水し、うっすらと色が付いた感じとなっています。

今日もアユの釣果は低調で、全域に亘り遊漁者もまばらでした。エサ釣りでは船明ダム下・塩見渡橋付近で0尾〜20尾程、鹿島橋下流で5尾〜50尾程でした。日中の釣果は全域で乏しいものとなっていますが、早朝には塩見渡橋付近で100尾程の釣果も見られました。「どこでも」あるいは「広い範囲」で釣れる訳ではないのですが、解禁初日に比べると少しは釣況が上向いてきている感じもします。残念ながら増水してしまい釣場もなくなってきてしまっていますが、水が落ち着いた頃にはもっと広い範囲で釣果が見られるようになることを願って止みません。

東海地方も梅雨入りをしました。増水にはくれぐれもご注意ください。
 

 平成30年 6月 5日(火)

天竜川本流の水量は平水よりやや多く、薄濁りの状態です。支流は平水で濁りはありません。

エサ釣りは船明ダム下・榑山で5尾〜25尾程、塩見渡橋付近で0尾〜30尾程、鹿島橋下流で5尾〜80尾程、飛竜大橋下流で0尾〜20尾程でした。支流の出合いでは横山川で40尾程、西川で15尾程でした。釣果の比較的多い方は早朝に釣れていたようでした。サイズは小ぶりなものが多く8cm〜12cmでした。全体的に低調ではありますが、アユも解禁初日に比べると跳んでいる姿を多く目にするようにもなっています。友釣りは本日遊漁者は見られませんでした。

なお、本日の午前中に船明ダム上流部 雲名へ203s 約14,000尾、鮎釣に100s 約6,800尾の放流を実施しました。

 平成30年 6月 4日(月)

天竜川本流の水量は平水よりやや多く、薄濁りの状態です。支流は平水で濁りはありません。

エサ釣りは今日も低調でした。船明ダム下・榑山で5尾〜45尾程、塩見渡橋付近で0尾〜15尾程、鹿島橋下流で5尾〜60尾程、飛竜大橋下流で0尾~30尾程でした。サイズは小ぶりなものが多く8cm〜12cmでした。

全体的に低調ではありますが、早朝には船明ダム下流部で50尾程、鹿島橋下流で100尾程とまずまずの釣果が見られる方もいらっしゃいます。アユも解禁初日に比べると跳んでいる姿を多く目にするようにもなりました。釣果にご不満がある方も多いかと思いますが、遡上アユも極端に少ない様ではなさそうです。もう少し根気強く釣行いただけたらと思います。

 平成30年 6月 3日(日)

天竜川本流の水量は平水でささにごり、透視度は72センチです。支流は平水で濁りはありません。

全体的に低調です。エサ釣りは、西川河口部で5〜20尾程、横山川河口部で10〜30尾程、船明ダム下では、塩見渡橋上で0尾〜10尾程、鹿島橋下流で0尾〜40尾程、飛竜大橋下流で0尾〜7尾程、サイズは10〜13cmでした。

友釣りは雲名や塩見渡橋上に遊漁者が数名見られました。

 平成30年 6月 2日(土)

天竜川本流の水量は平水で薄濁りの状況です。支流は平水で濁りはありません。

釣果です。エサ釣りは全体的に低調気味の状況が続いています。船明ダム下・塩見渡橋上下で0尾〜10尾程、鹿島橋下流で0尾〜50尾程、飛竜大橋下流で0尾〜5尾程、全体的には10cm未満の小ぶりなものが中心でした。その他の地域は、釣果はほとんど見られませんでした。

友釣りは雲名橋上下に遊漁者が数名見られましたが良い釣果は見られませんでした。

全域を見る限り、小さいながらも食み跡はありますし、場所によってはアユの跳ぶ姿も確認出来ています。遡上が多い年でもコマセが効くまでに時間がかかるのか、3日4日してから状況が好転することもあります。少し長い目で見ながら今後に期待をしていただきたいと思います。

 平成30年 6月 1日(金)

天竜川本流の水量は平水よりもやや多く、薄濁りの状況です。

今日は解禁初日でありながら、厳しい釣果での幕開けとなっています。早朝からエサ釣りの組合員・遊漁者が竿を出されましたが思う様な釣果に恵まれず、早々より竿を仕舞われる方も見受けられました。

午前中の主なポイントでのエサ釣りの釣果は、船明ダム下・塩見渡橋上下で0尾~10尾程、鹿島橋下流で2尾~30尾程、飛竜大橋下流で0尾~10尾程、支流・横山川の最下流部で0尾~20尾程でした。横山川の最下流部は13・4cmのものも混じっていましたが、全体的には10cm未満の小ぶりなものが中心でした。その他の地域は遊漁者もまばらで、釣果もほとんど見られませんでした。

友釣りは秋葉ダム下・中島や雲名のみに遊漁者が見られましたがこちらもパッとせず、15cm前後のものが0尾~2尾程でした。

 

6月1日いよいよアユ解禁!(支流は友釣り以外は7月1日)

◆ アユ放流量! ◆ 5月 25日現在
日  付 産 地 放流場所 数  量
4月4日 事業場産 竜川本流 雲名 363.0s
4月14日 事業場産 竜山本流 鮎釣 365.7s
4月22日 河口産 西川
横山川
二俣川
99.24s
96.80s
98.92s
4月26日 事業場産 西川 277.0s
4月27日 事業場産 横山川
二俣川
217.1s
271.9s
5月1日 河口産 竜山本流 西川河口
竜川本流 横山川河口
66.82s
65.55s
5月10日 事業場産 竜山本流 鮎釣
竜川本流 雲名
ダム下本流 渡ヶ島
361.3s
340.6s
288.6s
5月11日 事業場産 竜山本流 階段下
ダム下本流 東名下左
361.9s
203.1s
5月13日 事業場産 ダム下本流 新東名上左 60.2s
5月15日 事業場産 ダム下本流 飛行場前 363.5s
5月16日 事業場産 ダム下本流 しっぽ公園
ダム下本流 東名直下左
77.6s
318.1s
5月18日 事業場産 ダム下本流 国一下右
横山川
81.1s
50.1s
5月21日 事業場産 ダム下本流 池田渡し 34.3s
合 計 4462.43kg

・解禁日に、アユがまだ十分に成長していない可能性があります。8cm以下のアユをとることは禁止されていますので、ご協力をお願い致します。

・解禁後は、船明ダム〜秋葉ダム間に随時成魚放流を行なっていく予定です。

・天竜川漁協では地元小学生による稚アユの放流会を 開催しています。子どもたちが、自らの手でアユを放流し、水辺に親しんでもらおうというねらいです。実際に魚に触れることで、天竜川やそこに棲む生き物に関心をもってもらい、自然環境の大切さを考えるきっかけとなればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ